多忙な看護師の連休について

連休の過ごし方-中堅看護師編-

看護師の連休について

看護師の連休について

私は看護師としてある程度の年数をこなして、週休2日の職場へ転職したので、次の連休はどう過ごそうか?なんて考えたりする余裕もできましたが、若いころは大変でした。日勤と夜勤が交代で回ってきて、やっとの休みは勉強という生活。総合病院などの看護師さんはみんなそうだと思いますが、今思い返してもやはり辛い思い出ですね。連休が取得できている今の職場に感謝です。

看護師は連休が取りにくい

海外、国内問わず旅行が好き!という看護師は多いようですが、なかなか休みが思うように取れない職業でもあります。連休どころか通常の1日の休みも、急なシフト変更により出勤となってしまうこともありますね。そんなときは、逆に自分から休日出勤を申し出ることで、自分が休みたいときに休みやすいということもありますが、根本的解決とは言えませんね。。

看護師の連休についての考え方

交代勤務の総合病院などでは、まともに連休をとることはちょっと難しいかもしれませんが、日勤のみのクリニックや企業勤務の看護師であれば、完全週休制も一般的です。また、若手看護師であれば例え連休が取れたとしても、勤務時に覚えたことの復習や、他にも勉強していかなければならないことがいろいろあるので、連休をゆっくりと過ごすということは難しいかもしれませんね。

もったいない連休

私は一体いつになったら連休がもらえるの?と日々のお仕事に奮闘している看護師さんは、もしかしたらそのうち残念な休暇を取得することになってしまうかもしれません。それは病欠という名の連休です。お仕事に力を入れすぎて自分の体調管理を怠っていると、看護師という仕事もできない体になってしまうこともありますので、体に支障が出てくる前にしっかりと休みを取りましょう。

忙しい看護師におすすめのコラム

通常の看護師の仕事では交代制勤務のため、土日に休みを取ることができません。でも、職場によっては土日が休みのところもあります。例えば病床のないクリニックや診療所などは24時間体制ではありませんので、土日が休みのところも多いのです。ほかにも健診機関や保育園など決まった日にお休みを取ることができます。

長期休暇が取れて、あれもやりたい、これもやりたいと考えていても実際には気持ちばかり急いて何も出来ないと言うことになりかねません。予め、どこで何をやるかを決めておくのが休暇を有意義に過ごすポイントです。そして何をやるかについても、いくつも候補を用意するのではなく、テーマを絞って、やることを明確にすることをお勧めします。

看護師は人材不足でタイトなシフト勤務体制を取っていますので、なかなか連休を取りづらいのが現実です。自分が休むことにより周りの人の負担を増やしてしまうと考えると、休みが取れないのです。短期の休みでもそうなのに、長期休暇はより一層ハードルが高くて、諦めざるを得ません。

このページの上部へこのページの上部へ