連休は海外へ旅行

連休の過ごし方-中堅看護師編-

長期休暇は海外旅行

長期休暇は海外旅行

看護師は休みを取りにくいという話をしていますが、病院によっては長期の休暇が取れたり、看護師によってはうまく調整して連休を取ったりしています。また、最近では看護師不足ゆえ、現在勤務している看護師に離職されないように、病院側で夏期と冬期に交代で連休を獲れるように調整しているところもあります。ここでは長期休暇を取れる看護師の休暇の過ごし方をご紹介します。

長期休暇は海外へ

看護師は長い休みが取れる場合は、海外旅行に行く人が多いのです。なぜ海外旅行が多いのでしょうか?看護師は給料が高いので旅行に行くなら海外へと考えている人が多いのと、なによりも夏休みや冬休みと言っても世間一般の人と違う時期にお休みが取れるため、旅行代金の高い時期を避けることができるからです。
まず、看護師は仕事の都合で全員同時に休むことはできませんから、それぞれ時期をずらして休むことになります。それが、世間一般の人の休みと重ならない理由です。また、海外旅行の料金は、同じ月でも出発日が一日違うだけで、結構な金額が変わってきます。海外旅行のパンフレットについているカレンダーを見るとその料金の差は歴然です。そのパンフレットのカレンダーを見ながら、休暇を調整すれば安い料金で海外旅行に行けるのです。ちょっとしたセレブ気分を味わえますね!

海外旅行は独身看護師の特権?

看護師が長期休暇で海外旅行に行くとしても、それは独身時代だけです。結婚すると夫と休みが一緒になるかわからないですし、二人で行くとなるとお金は家計からの出費で、しかも倍額かかる上に自由にショッピングも楽しめなくなってしまいます。中には夫と海外旅行に行くのが幸せという人もいるかもしれませんが、日頃忙しい独身看護師ゆえに自分で貯めたお金で海外旅行をして、精一杯ぜいたくをし、同時にリフレッシュもして今後の仕事の活力にするのです。
さらに結婚して子供が出来ると、もう海外旅行は難しくなりますね。子供がある程度大きくなって、いっしょに行くのも楽しみだとは思いますが。

既婚の看護師の長期休暇は?

既婚の看護師の場合、夫の夏休みや冬休みとはなかなか日程が合わないので、海外旅行はなかなか難しいですね。無理して夫の休みに合わせて休暇を取れるように調整をしても、世の中の大半の人と休みが一緒になるので海外旅行も高いハイシーズンになってしまいますね。ですから、既婚看護師は海外旅行ではなく、夫と近場の温泉に行ったりして疲れを癒すといった過ごし方になるようです。

忙しい看護師におすすめのコラム

通常の看護師の仕事では交代制勤務のため、土日に休みを取ることができません。でも、職場によっては土日が休みのところもあります。例えば病床のないクリニックや診療所などは24時間体制ではありませんので、土日が休みのところも多いのです。ほかにも健診機関や保育園など決まった日にお休みを取ることができます。

長期休暇が取れて、あれもやりたい、これもやりたいと考えていても実際には気持ちばかり急いて何も出来ないと言うことになりかねません。予め、どこで何をやるかを決めておくのが休暇を有意義に過ごすポイントです。そして何をやるかについても、いくつも候補を用意するのではなく、テーマを絞って、やることを明確にすることをお勧めします。

看護師は人材不足でタイトなシフト勤務体制を取っていますので、なかなか連休を取りづらいのが現実です。自分が休むことにより周りの人の負担を増やしてしまうと考えると、休みが取れないのです。短期の休みでもそうなのに、長期休暇はより一層ハードルが高くて、諦めざるを得ません。

このページの上部へこのページの上部へ